MENU

  • - TOP PAGE -

  • - STORY -

  • - INTRODUCTION -

  • - CAST -

  • - ORIGINAL -

  • - THEME SONG -

  • - STAFF -

  • - TRAILER -

  • - THEATERS -

  • - NEWS -

  • twitter
  • facebook
  • instagram

映画『僕らのごはんは明日で待ってる』

中島裕翔 新木優子

2017年1月7日(土)

君の秘密に気づいて、この恋を運命にすると決めた

切ない真実に思わず”うるキュン”…最高も最低も乗り越える、7年越しの青春ラブストーリー!

ラブごはキャンペーン

Buzzes!

mainvisual
  • twitter
  • facebook
  • instagram

中島裕翔 新木優子

STORY

高校生の時出会って、付き合い始めた亮太と小春。
無口でネガティブな亮太。太陽のように明るく超ポジティブな小春。
性格は正反対だけど、運命の恋だった。
二人が大学生になったある日−突然、小春は亮太に別れを切り出す。
実は、小春は亮太に言えない秘密を抱えていた。
別れの理由がわからないまま、亮太は何度も真っ直ぐな想いを伝えるが、
小春はまったく取り合わず−。
社会人になったある日小春の隠す真実を知った亮太は彼女のもとに再び走り出す。
出会いから7年、運命の恋が再び動き始める−!

story-main

images

INTRODUCTION

中島裕翔×新星・新木優子が贈る、青春ラブストーリー

『ピンクとグレー』で映画初主演を飾り、ドラマ・映画界で熱い注目を浴びる若手実力派俳優・中島裕翔、ラブストーリー初挑戦!ヒロインには、ドラマ、映画、CMと幅広く活躍する、人気急上昇中の新星・新木優子。脇を固めるのは、美山加恋、岡山天音、片桐はいり、松原智恵子など本格キャスト陣。

瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説、待望の映画化!

原作は、若い女性に人気を集める、瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説。人生の楽しい日も辛い日もリアルに描きながら、温かな感動が待つ瀬尾作品ならではの魅力をそのままに、映画では新たなエンディングが待つ。

主題歌はケツメイシの“うるキュン”決定版ラブソング!

主題歌は、ケツメイシによる「僕らのために...」。本作のために書き下ろされ、亮太の想いにシンクロした、“うるキュン”ラブソングの決定版!

新鋭・市井昌秀監督による、傑作ラブストーリーの誕生!

監督・脚本は、『箱入り息子の恋』で不器用な主人公と盲目の女の子のラブストーリーを丁寧に描き、第54回日本映画監督協会新人賞を受賞し、注目を浴びる日本映画界の新鋭・市井昌秀。亮太がカーネル・サンダース像を抱えて走るシーンなど、原作にはない市井監督らしいオリジナルな展開やコミカルな演出が詰まった傑作が誕生した。

最高に恋した。ある日君はいなくなった―いま、僕はこの恋を運命にする!この冬、最強の“うるキュン”ムービー、誕生!

CAST

中島裕翔| 葉山亮太 |

1993年8月10日生まれ。東京都出身。2007年Hey! Say! JUMPのメンバーとして、「Ultra Music Power」でCDデビュー。バラエティ、ドラマなど幅広く活躍中。

主な出演作に、ドラマでは、「シェアハウスの恋人」(13/NTV)、「半沢直樹」(13/TBS)、「弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」(14/NTV)、「水球ヤンキース」(14/CX)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(15/CX)、「信長燃ゆ」(16/TX)、「刑事バレリーノ」(16/NTV)。「HOPE~期待ゼロの新入社員~」(16/CX)にてドラマ初主演。

16年には映画『ピンクとグレー』(行定勲監督)にて映画初出演ながら初主演を務めた。

cast-img

新木優子| 上村小春 |

1993年12月15日生まれ。東京都出身。2014年より「non-no」の専属モデルとして若者に絶大な人気を誇る。美少女タレントの登竜門として知られる「ゼクシィ」の8代目CMガールにも抜擢された。

主なドラマの出演作に、「いつかティファニーで朝食を」(15-16/NTV)、「家売るオンナ」(16/NTV)、「ラブラブエイリアン」(16/CX)では初主演も務めた。15年『風のたより』(向井宗敏監督)で映画初主演、その他『泣き虫ピエロの結婚式』(御法川修監督)、主演作『インターン!』(吉田秋夫監督)の公開も控えている。

映画、ドラマ、CMと幅広く活躍する、今最も注目される若手女優である。

cast-img

美山加恋| 鈴原えみり |

1996年12月12日生まれ。東京都出身。子役として6歳から多くのドラマ、映画、舞台と幅広く活躍している演技派女優である。

ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(04/CX)で草薙剛の娘役を演じ一躍お茶の間の人気者となる。ほか出演近作に「ラーメン大好き小泉さん」(15/CX)、「新・牡丹と薔薇」(16/CX)、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』(安里麻里監督)など。テレビアニメ「エンドライド」(NTV)にて声優としても活躍中。

cast-img

岡山天音| 塚原優介 |

1994年6月17日生まれ。東京都出身。2009年にドラマ「中学生日記」(NHK)で俳優デビュー。

16年は『ライチ☆光クラブ』(内藤瑛亮監督)、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(月川翔監督)、『ドロメ』(内藤瑛亮監督)、『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也監督)、『セトウツミ』(大森立嗣監督)など公開作が続く。今後の活躍が期待される若手俳優である。

cast-img

片桐はいり| 山崎真喜子 |

1963年1月18日生まれ。東京都出身。大学在学中から94年までは劇団で活躍し、退団後は舞台、TV、映画などで幅広く個性派俳優として活躍している。

近作に『小野寺の弟・小野寺の姉』(14/西田征史監督)、『ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15/松尾スズキ監督)、『シン・ゴジラ』(16/樋口真嗣、庵野秀明監督)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、「富士ファミリー」(16/NHK)など多数。舞台にもコンスタントに出演する他、その文才を活かしたエッセイも執筆するなど多才ぶりを発揮している。

cast-img

松原智恵子| 上村芽衣子 |

1945年1月6日生まれ。愛知県出身。61年『夜の挑戦者』(野口博志監督)でデビュー。吉永小百合、和泉雅子とともに日活三人娘と呼ばれ絶大な人気を誇った。

その後も映画やテレビドラマに数多く出演し、第一線で活躍しつづける日本を代表する女優である。近年の主な映画出演作に『鏡の中の笑顔たち』(15/喜多一郎監督)、『ゆずの葉ゆれて』(16/神園浩司監督)、『アニバーサリー』(16/本広克行総監督)など。

cast-img
  • 中島裕翔

  • 新木優子

  • 美山加恋

  • 岡山天音

  • 片桐はいり

  • 松原智恵子

ORIGINAL

瀬尾まいこ| 原作 |

「僕らのごはんは明日で待ってる」映画化に寄せて

この話が映画化されると聞いた時、うれしくなるのと同時に、こんな平凡な話なのにと驚きました。主人公はごく普通の男の子で特別なことは何も起きない話だから、映画にするのたいへんそうだなあと他人事のように思っていました。
ところが、実際に出来上がった映画を見て、やっぱり映画ってすごいと思わずにはいられませんでした。
もちろん、映画になったからと言って、事件が起きたり主人公が特殊能力を持ち合わせたりなんてことはないのですが、日常の一つ一つの場面はキラキラとした特別なものに変わり、主人公の二人が静かに真剣に物事に対峙していく姿はまっすぐに胸に迫るものになっていました。そのせいか、ドキドキしたりほっとしたりしながら見入っていて、見終わった後には、ただただ主人公の二人が愛おしくて、自分が書いたことなんて忘れて、感動していました。
明日につながる日々を誰かと作っていく。その日常はこんなにも輝いているんだ。そんな形のないかけがえのないものを、実際に目で見ることができたような気がします。
素晴らしい映画にしてくださり、本当にありがとうございました。

- PROFILE -

1974年大阪府生まれ。2001年「卵の緒」で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、デビュー。11年に退職するまでは中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行い、05年「幸福な食卓」で第26回吉川英治文学新人賞を、08年「戸村飯店 青春100連発」で第24回坪田譲治文学賞をそれぞれ受賞する。他の著書に「図書館の神様」「優しい音楽」「強運の持ち主」「温室デイズ」「僕の明日を照らして」「おしまいのデート」など多数。

original-bg

THEME SONG

「僕らのために...」/ ケツメイシ| 主題歌 |

- COMMENT -

映画を観て、いつからか忘れかけていたピュアな気持ち…
心の一番柔らかい部分をくすぐられた様な気持ちになりました。
主演のお二人の健気さのある演技が映画を観ていてとても心地良かったです。
曲を仕上げて行く過程にも、そんなピュアな部分や健気さが伝わる様に心掛けました。
ケツメイシも平均年齢が40歳になりましたが、アーティストとしていつまでもピュアな部分を失わずに生きて行きたいと改めて思った次第です。(RYOJI)

- PROFILE -

RYO(MC)、RYOJI(Vo)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)によるラップグループ。1993年結成。2001年、シングル「ファミリア」でメジャーデビュー。
ヒップホップとレゲエを下敷きにスマートながらも人間味が伝わってくる中毒性の高いナンバーを連発。05年、シングル「さくら」でブレイク。同年リリースしたアルバム『ケツノポリス4』がダブルミリオンを記録する大ヒットに。
16年はメジャーデビュー15周年となり、本作の主題歌を含んだアルバム『KETSUNOPOLIS 10』が10月26日に発売される。

ケツメイシ

STAFF

市井昌秀| 監督 |

1976年4月1日生まれ。富山県出身。漫才グループ「髭男爵」元メンバー。

初の長編作品となる自主映画『隼』(04)が、2006年の第28回ぴあフィルムフィスティバルにおいて、準ブランプリと技術賞を受賞。

長編2作目となる『無防備』が、08年の第30回ぴあフィルムフィスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞も受賞する。そして同年開催の第13回釜山国際映画祭のコンペティション部門にてグランプリ受賞、 翌年の第59回ベルリン国際映画祭フォーラム部門にも正式出品され、国内外から高い支持を得た。

13年の『箱入り息子の恋』では、第54回日本映画監督協会新人賞を受賞。主演の星野源を第37回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞に導いた。

公開待機作に『ハルチカ』がある。

監督

share

©2017『僕らのごはんは明日で待ってる』製作委員会